チップの渡し方について

海外旅行や海外生活において、チップの渡し方について悩むことってよくあると思うんです。 日本ではあまりチップを渡す習慣がないで…

7132 HOTEL / 安藤忠雄の部屋

安藤忠雄建築といえば美しいコンクリートの打放し。そんなイメージを誰もが抱くのではないかと思うのですが、そんな安藤さんがコンク…

7132 HOTEL / 隈研吾の部屋

オーク材の巨大な巻きす(巻き寿司を作るのに使う竹の道具)で巻かれているような、美しい木目のパネルを段々に重ねた幻想的な空間は…

7132 HOTEL / トム・メインの部屋

ガラスの貝殻みたいなオーガニックなフォルムの物体が、部屋の中心にどっしり構えるこのお部屋。7132HOTELのエントランスを…

ル・コルビュジェ最後の建築作品

チューリッヒ湖畔の美しい公園、チューリッヒホルンパークの広大な芝の上に佇むカラフルな箱。パヴィリオン・ル・コルビュジェ/Pa…

テノハ・ミラノ / TENOHA・MILANO

テノハ / TENOHA は代官山にスタートした複合施設。インテリア雑貨や食料品を扱う店舗、食材にこだわったイタリアンレスト…

私の目に映る世界を発信しよう

私は文章を書くことと、写真を撮ることが好きで、15年ほど前に初めてのHPを作り発信を始めました。 ヨーロッパでの暮らしを綴っ…

夜明けのルーアン

早起きは三文の徳とは、早起きをすると良いことがあるよ、という意味の有名な日本のことわざですが、私は早起きがとっても苦手です。…

暮らすように泊まる♡ルーアン

実は今回の旅は、出発する2日前に全ての手配をしたので、ホテルはあまり選択技がなかったのです。 だからといって、残りものの粗悪…

モネが愛したルーアンの大聖堂

ルーアン/Rouenはフランス・ノルマンディー地方の州都であり、その昔はノルマンディー公国の首都でもあった由緒ある町です。 …

クリムトに会う苦しみ

先の記事、『クリムトとシーレを尋ねる旅』に記したように、わたしのウィーンへの旅の目的は、グスタフ・クリムトとエゴン・シーレの…

クリムトとシーレを尋ねる旅

どういう経緯か、学生(美術を専攻していたのではありません)の頃から気になっていた二人の画家、グスタフ・クリムトとエゴン・シー…

飲むだけじゃない、HAYのグラス

昨日のブログ記事で紹介させてもらった、HAYのシンプルなグラス。 このグラスは飲み物を飲む時に使うだけではなくて、デザートを…

シンプルを極めたHAYのグラス

2年くらい前のことだったか、スウェーデンのストックホルムを旅したときに、レストランに入るとよくこのグラスでお水を飲んだことが…

ほっこり♡小鳥の置物

数年前に、どこかのデザイン展で見かけて連れてきた小鳥の置物たち。 Lars Beller Fjetlandさんという、ノルウ…